JOURNAL

2021/11/28 08:37

トンカ豆は世界中で上質な香りの原料として使われているスパイス。


クマルというマメ科の植物の種子を乾燥させたものです。

その香りの成分は「クマリン」「バニリン」とされていて、「クマリン」は桜の葉、アーモンド、杏仁、ベルガモットにも含まれている成分。

「バニリン」はバニラの成分です。

桜のような香りとバニラの香りがバランスよく香るトンカ豆、想像しただけでも上品な香りがイメージできます。

そんなトンカ豆はスパイシーな香りの中にも甘い香りを醸し、YATACOLAのバランスを整える重要な役割を担っています。


JOURNAL Top